FC2ブログ

捕まえて御覧なさい

ネットゲームプレイログ

なんて日だ!

グゥーーブーーに乗る

最近やっとのことで、蛮族クエに手をつけ始めました。
一番の目的はベンチャースクリップ、リテイナーの育成のため、毎日2枚使っていたのですが、さすがにスクリップの貯金が底をついてきたというのもありますし、地味に詩学がもらえるのもありがたい。
蛮族クエはそれぞれに特徴があって、例えばシルフは悪い子シルフと対立しているのだけど、戦いよりもいたずら命で、緊迫感が薄い。
グゥーブーに乗って悪い子シルフをくしゃみで鼻水だらけにするクエストとかw



捕まってたでふっち

悪い子シルフに大きな花のツボミに閉じ込められたシルフを助けるクエとかね。



メラメラ

こちらはコボルドの蛮族クエ。
コボルドの中でも序列が1番下の隊なので、何だかいろいろ酷い。
働きたくないのに、すぐ上、つまり下から2番目の隊に対する嫉妬が酷く、活躍の邪魔をする。
いつも飢えていて腐りかけの野菜を上等なごはんと言う。
ちなみにエリートコボルドたちには、白いミミズが弁当として支給されてました。



トカゲに乗る

こちらはアマルジャの蛮族クエ。
トカゲに乗って、悪い子アマルジャの物資を爆破しに行くクエストでした。
このトカゲ、いいんだけど、ちょっと背が低すぎるかな~



おらわくわくしてきたぞ

戦士の成長も一段落。
クエストはなんかゴ○ウっぽいしゃべり方をするルガディンのキュリアス・ゴージから。
当然野沢雅子の声で再生されるも、見た目がちょっと違う。



?

クエスト中、へんなものを発見。



ワインボード

なんだ、ワインボードか。
分かりづらいので受けてはみたけど、たまにしか進めていない。



アチャー

というわけで、弓術を始める。
Lv16からはコンテンツルーレットとクラスクエのみでゆっくり育てています。



冒険

冒険者小隊が育ち、ゼーメルやオーラムヴェイルにも行けるように。
ゼーメルまではだいぶ慣れたけど、まだオーラムは怖いな。
小隊のヒーラーはこまめに回復してくれないので、広いところでリンクしまくるとすぐに死ぬ。



中甲士

そんなこんなで小隊がランク3になり、無事中甲士に任命されました。



輝く隊員

Lv50になった隊員が光り始める。



輝かない隊員

あれ、こっちは光ってない。Lv50なのに。
光るのは幻術士だけなのかな。



剣士

冒険者小隊用に剣術士も始めてみる。
現状できる範囲で最後のクラス。



トレハン

採掘師がLv40に達し、地図が掘れるようになった。
うーん、まぁまぁなのかな。



なんて日だ!

剣士でウルダハ付近のFATEしてたら、小峠がいた。
スポンサーサイト



* Category : FF14

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する