アバウト
Kalmaのネトゲ放浪記。2013年9月よりドラクエXをプレイ中。
最近の記事
最近のコメント
リンク
special thanks
月別アーカイブ
カテゴリ
著作権表示
【ドラゴンクエストX】
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
【Wizardry Online】
(c)Gamepot Inc. "Wizardry(R)" is a registerd trademark of IPM Inc.All Rights Reserved. Licensed by IPM Inc.to Gamepot Inc. Wizardry Renaissance(TM)(c)2009 IPM Inc.All Rights Reserved.
【モンスターヴェルト】
Five Stars Online Entertainment are all registered service marks or service marks of Five Stars Online Entertainment Ltd. (c) 2008 Five Stars Online Entertainment. All rights reserved.
【パーフェクトワールド・レジェンドオブチュセン】
(c) 北京完美時空網絡技術有限公司 ALL RIGHTS RESERVED. Copyright (c) 2006-2007 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.
【アトランティカ】
Copyright (c) 2008 NEXON Corporation and NEXON Japan Co., Ltd. All Rights Reserved. Copyright (c) 2008 NDOORS Corporation. All Rights Reserved.
【ブレイドクロニクル】
(C)Spike / DWANGO / GAMES ARENA
【クロシーノ】
Copyright(c) 2009 GCREST,Inc. All Rights Reserved. Copyright(c) 2009 BnB Global,Inc. All Rights Reserved. Copyright(c) 2009 Nglim Soft,Inc. All Rights Reserved.
RSSフィード

サンジェント遺跡後半第6決戦場

ふと思ったのだけど、以前ウィズオンブロガーへの50の質問てのがちょっと流行って、

私も書いたことがあるけれど、その中にどのダンジョンが好きかという質問があった。

他の人のを見てみると、どうやらダントツでロサワルドが人気のよう。

理由は景色がきれいだから。確かにあそこはダンジョンというより野外だから明るいし、

見晴らしのよい高所からの景色は、つい冒険を忘れて見入ってしまうくらい美しい。

でも私はロサがそれほど好きじゃない。その理由が今までよくわからなかったのだけど、

今日わかった気がする。それは、私が高所恐怖症だからである。

というわけで今回は、そのロサワルド1層そっくりのサンジェント遺跡2層、

湖上神殿の攻略をお伝えします。例によってネタバレ満載です。

落下死コワイヨー



マクドゥーン

ライアンがいる場所にあった像を起動させると、後ろのモヤモヤが消えて5層に入れるように。

5層に入ったところに、マクドゥーン派の長、マクドゥーンが佇んでいた。

彼の態度は協力的で、どうやらカルコサスを排斥したがっているらしい。

レルスの密書は彼が送らせたものだったんだろうな。

異界の門というところに、カルコサスがいるんだろうか。


道標

更に奥に入っていくと、道標が。5層か…さすが最大級ダンジョンだな。


動かない転送装置 (*゚∋゚) 落下死

5層は珍しく、サンジェオリジナルの構造のダンジョン。

てか、サンジェ初じゃね?

しかし、いくら探しても女神像とわけのわからないランドマークがあるくらいで、

何も見つからない。マクドゥーンが言っていたNPCはどこに…。

さんざん死にながら探したけど見つからなかったので、時間を置いて再挑戦。

次に始めた時、フレンドのユニメンがいるチャンネルに入ったら、

エースさんが第2女神像付近の変な場所でガゴに襲われているのに遭遇。

エースさんがガゴくらいで死なんやろーと思って放置してたら、意外や死亡。

でもそのおかげで今まで見逃していた小道を発見。


フラジャイル

やっと湖上神殿の上層にたどりつき、フラジャイルに会えた。

ここの決戦場に入るには、鶏石というものを集め、

それを文字が刻まれたスイッチに、上図の順番ではめていけばいいと言う。

しかしこれには時間制限があり、鶏石1個につき1分時間制限が延びる。

つまり1個なら1分、2個なら2分て感じだ。

まずはスイッチを探さねば。


第6決戦場

うろうろしていると第6決戦場を発見。


スイッチ

スイッチ発見。いつものこんな感じです。

ちなみに湖上神殿はロサ1層とほとんど同じ作りで、

ライアンたちがいる下の層に落ちちゃうと、一度5層を通らないと直接戻れなくなる。

まぁ下層に落ちるより湖に落下死する場所の方が断然多いんだけど、

実は変なところに落下する場合も…


テムジン

あれ?


アハジーム

あれ???

こいつら、どうやら第7エリアのNPCぽいんだけど…

第6クリアしてないのに何故…

実は、ある場所から通路に下りると、第7エリアに入っちゃうポイントがある。

しかし第6をクリアしていないことには、入ってもあまり意味はない。

出方がわからなくて困ったんだけど、すでに知れ渡っている情報のようで、

先達が出方を教えてくれた。焦ったわー



中休み

キマイラたん

初めて生きてるキマイラたんを間近で観察。やっぱり可愛いなぁ。

最近イビルアイも可愛いことに気づいたんだけど、

あいつだけはまだ落ち着いて近くで見れない…


後姿

後姿も可愛い。


第2お手伝い

第2のお手伝い。


4層ポール

皆さんが4層道標を起動する瞬間。

このキチョーンて音はいつ聞いても嬉しいよね。



さて続き。

とりあえずスイッチの位置は全部把握。

念のため各スイッチ間がどのくらいかかるか計測しながら予行演習。

一番長いのでも2分半くらいだったかな。大抵1~2分前後で行けた。

で、肝心の鶏石を集めないとね。

しかしソロってみたけど鶏石を出すガゴとインプは大抵混合わきなので、

インプはともかくガゴは睡眠罠を利用してもかなりつらく、

鶏石1個ゲットするたびに1回死ぬような頻度で、心が萎える。


すってきな紳士

そこでこの素敵な仮面紳士に手伝ってもらうことにした。

あとで顔を見せてもらったけど、仮面かぶってた方がイケメンだった。

お蔭様で何とか必要数集まり、メインのはずなのに使いづらいと愚痴ってたこの方が、

もう1人の戦士にチェンジし、私も探索用のシーフにしてついにニワトリマラソンを決行。

これね、かなり気分が重かったんだよね。当日ちょっと、ていうか結構眠かったし。

でも1人で挑戦するのと、誰かが支援してくれるのとでは、全然モチベが違うね。

マラソン中は時間との戦いなので画像一切なし。まぁ画像あっても普通に走ってるだけだしw


第6決戦場開放

お蔭様で第6開放!


クモ

ボスは1人硬いのがいて、あとは取り巻きだけど、例によって取り巻きから倒さないと、

ボスが回復してしまう。前半にも似たような決戦場あったね。

開幕後に教祖が乳クリをかまし、タゲを全部持っていくw

その後は教祖が小回りにマラソンし、他の連中がそれを殴ったり魔法撃ったりするわけだ。

まぁ後はほぼ難なくクリア。フレンドの一軍はほんとつえー。

今考えると第5のスメルチをほとんど死亡者なくクリアできたのは、

すごいことだったんだなとわかる。


既視感

なにこれデジャヴ?


↓攻略まとめ


サンジェント遺跡(後半)第6決戦場攻略まとめ

1.2層のライアン付近にある像に触って起動させる。

2.5層に移動し、マクドゥーンからもれなく話を聞く。

3.5層の第2女神奥の通路から湖上神殿の上層に移動し、フラジャイルからもれなく話を聞く。

4.湖上神殿にいるレギオンデーモン(ガーゴイル型),スペルインプ(インプ型)とから
 ドロップする鶏石を必要数集める。15~20個もあれば充分。

5.鶏石をRUTSAHの順でスイッチに入れていく。
 鶏石1個につき次のスイッチまで行く時間制限が1分延びる。
 時間制限に間に合わなかったり、順番を間違えたりしたら、最初からやり直し。

 R(2~3個推奨)…向かって左奥のハシゴから行けるところ
 U(3~4個推奨)…向かって右手前のハシゴから行けるところ
 T(3~4個推奨)…下に落ちたら下層に行ける四角い通路
 S(3~4個推奨)…向かって左手前のハシゴから行けるところ
 A(3~4個推奨)…向かって右奥のハシゴから行けるところ
 H(1個)…向かって左手前のハシゴから下層に降りる石段の途中

6.決戦場開放

※事前に決戦場とスイッチを触っておく必要があるかは不明。
スポンサーサイト

テーマ:Wizardry Online
ジャンル:オンラインゲーム

Comment

非公開コメント