アバウト
Kalmaのネトゲ放浪記。2013年9月よりドラクエXをプレイ中。
最近の記事
最近のコメント
リンク
special thanks
月別アーカイブ
カテゴリ
著作権表示
【ドラゴンクエストX】
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
【Wizardry Online】
(c)Gamepot Inc. "Wizardry(R)" is a registerd trademark of IPM Inc.All Rights Reserved. Licensed by IPM Inc.to Gamepot Inc. Wizardry Renaissance(TM)(c)2009 IPM Inc.All Rights Reserved.
【モンスターヴェルト】
Five Stars Online Entertainment are all registered service marks or service marks of Five Stars Online Entertainment Ltd. (c) 2008 Five Stars Online Entertainment. All rights reserved.
【パーフェクトワールド・レジェンドオブチュセン】
(c) 北京完美時空網絡技術有限公司 ALL RIGHTS RESERVED. Copyright (c) 2006-2007 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.
【アトランティカ】
Copyright (c) 2008 NEXON Corporation and NEXON Japan Co., Ltd. All Rights Reserved. Copyright (c) 2008 NDOORS Corporation. All Rights Reserved.
【ブレイドクロニクル】
(C)Spike / DWANGO / GAMES ARENA
【クロシーノ】
Copyright(c) 2009 GCREST,Inc. All Rights Reserved. Copyright(c) 2009 BnB Global,Inc. All Rights Reserved. Copyright(c) 2009 Nglim Soft,Inc. All Rights Reserved.
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまださまよう

MMORPGに飽きてから1年余り。
ドラゴンズドリームで初めてネットゲームに触れてから、
いや、ファミコンを買って最初のゲームを始めた時から、
私はずっと仮想空間で戦ってきた。
最初はゲームの種類があまりなかったからこんなもんだと思ってた。
しかしコンピューターゲームが世に出てから約30年、
ゲームは進化し、様々なジャンルが生まれた。
しかしやはり一番ウケるのは、どのような形にしろ戦闘を主眼に置いたゲームだった。
というのも、やはりゲーム好きな人は男性が多いからだろう。
男性は勝負が好きになるようプログラミングされているからね。
だがゲーム界にはここ数年、別のストリームが生まれた。
DSというツールにも使えるゲーム機が登場し、
ゲーム機といえば子供の持つものというイメージが払拭され、
戦闘をメインにしたゲームだけでなく、大人の使用、
特に女性や中高年の使用に耐えれるソフトが次々と発売された。
またインターネットではSNSサイトの人気が出て、
女性にもウケやすいソーシャルゲームという、
今までにない形のネットゲームが生まれた。
いろんなジャンルのものがあるが、特に女性が好む育成ゲームの充実が目立つ。
もはやゲームは子供たちだけのものではなく、大人が楽しむ時代となっている。
というのも、子供の頃からごく自然にコンピューターゲームに接していた世代が
成長し成人し子供を育む世代になったからだろう。
しかし不思議なもので、戦闘をメインに据えたゲームと、
育成をメインに据えたゲームは、なかなか相容れない。
生活系とかいろんなことができることをウリにしているMMOは、
生産やペットという形で育成ゲームっぽいことができるものが多いが、
それでもやはり主眼は戦闘であり、
戦闘をやらなければその他のことができないものが多い。
UOを長年やっていた私にとって、これはとても不満だった。
UOは完全にMMOの流れから逸脱してしまった古いネットゲームだ。
ファンは多く今でもサービスが続いていて、
本流に擦り寄ろうと仕様もいろいろ変わってきたが、
本流のゲームとは元々まったく紀元を異にするネットゲームなので、
今でも他のゲームからかけ離れた仕様が多い。
その中でも優れていると思われるのは、戦闘をしなくてもゲームができることだ。
ただ、あまりに長く続いているため、仕様が複雑怪奇になり、
ちょっとやそっとでは近寄りがたいゲームとなっている。
ソーシャルゲームはたくさん種類があり、中には面白いものもたくさんあるが、
基本無料アイテム課金のゲームがほとんどなので、
金を吸い上げるための仕掛けがあちこちに施してあり、いまいち燃えない。
結局金をかけた者が勝ちなら、リアル世界となんら変わらない。
アイテム課金のゲームはゲームから夢を完全に奪い取ってしまった。
それはまぁ時代の流れだから仕方がないとしても、
ソーシャルゲームって結局友人に自分はこれだけすごいのよ、と、
見せびらかすことが主眼になっているような気がして、
どうにも団地の奥様とかPTAの会合とかで
張り合わされているような気がしてならないのだ。
やはり夢も希望もないリアルを投影した社会である。
私は戦闘に飽きてソーシャルゲームにいろいろ手を出したけれど、
違うんだ、やりたいことはそんなことじゃないんだ。
UOで生産をやっていた時には、自分で使ったり、人に使ってもらったり、
お店で売って、買った人が役に立ててくれたり、そういう充実感があった。
ソーシャルゲームにはそれがまったくないのである。
見せびらかしたり収集したり、そういうことには情熱を傾けられるけど、
いざ作ったり育てたものをどうするかというと、大抵はNPCに売るだけである。
それを使ってくれる人はいない。
この虚無感はどうしようもない。
ただ、今年ハンゲームのアパレルパレットというファッションゲームで、
新しい試みがなされており、それに一筋の光明を見出すことが出来た。
PC版では衣服のデザインが、
モバイル版ではアクセサリーのデザインができるというもの。
PC版ではゲーム内で着飾ることしかできないが、
モバイル版で作った物がPC版で役立つことに、ある種の充実感を覚えた。
つまり、私が求めているものはこうである。
生活系と謳うようなあれもこれもできるゲームなんていらない。
戦闘は戦闘だけ、生産は生産だけ、育成は育成だけできるゲームを別々に作り、
それぞれのデータを完全に互換で使えるようにする。
つまり生産ゲームで生産したアイテムを、戦闘ゲームに持ち込み使用したり
売ったりすることができる。
育成ゲームで育てたペットを戦闘ゲームで使うことができる。
戦闘ゲームで手に入れたアイテムを、生産ゲームや育成ゲームで売ることができる。
プレイヤーは全部のゲームをプレイしてもいいし、
どれか1つとか2つでもかまわない。
こういうの、ないかなぁ。
例えば服のデザインなんかでも、自分が作った服のデザインを
課金アイテムとして売りだし、売れたら多少キャッシュバックがあるとか。
いや、これはさすがにまずいか。未成年ができなくなるw
というわけでこんなゲームどっかが開発してくれんですかねぇ。
ファイブスターあたりどうっすか。だめか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。