アバウト
Kalmaのネトゲ放浪記。2013年9月よりドラクエXをプレイ中。
最近の記事
最近のコメント
リンク
special thanks
月別アーカイブ
カテゴリ
著作権表示
【ドラゴンクエストX】
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
【Wizardry Online】
(c)Gamepot Inc. "Wizardry(R)" is a registerd trademark of IPM Inc.All Rights Reserved. Licensed by IPM Inc.to Gamepot Inc. Wizardry Renaissance(TM)(c)2009 IPM Inc.All Rights Reserved.
【モンスターヴェルト】
Five Stars Online Entertainment are all registered service marks or service marks of Five Stars Online Entertainment Ltd. (c) 2008 Five Stars Online Entertainment. All rights reserved.
【パーフェクトワールド・レジェンドオブチュセン】
(c) 北京完美時空網絡技術有限公司 ALL RIGHTS RESERVED. Copyright (c) 2006-2007 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.
【アトランティカ】
Copyright (c) 2008 NEXON Corporation and NEXON Japan Co., Ltd. All Rights Reserved. Copyright (c) 2008 NDOORS Corporation. All Rights Reserved.
【ブレイドクロニクル】
(C)Spike / DWANGO / GAMES ARENA
【クロシーノ】
Copyright(c) 2009 GCREST,Inc. All Rights Reserved. Copyright(c) 2009 BnB Global,Inc. All Rights Reserved. Copyright(c) 2009 Nglim Soft,Inc. All Rights Reserved.
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休んでますか?

なんだかハンゲにたくさん簡単なネトゲが出来ている。

1.お絵かきの森
キャッチフィーリング、古くはキャッチマインドのパクリ。
ただ描いた絵が保存され、携帯からそれを見て何か当てるという
ゲームができるらしいので、そのへんがちょっと新機軸。
まぁこのゲームは外れがない。
ただし必ず対戦になるので、友達が少ない人は野良必至。

2.ハッピーアイランド
フラッシュでできる簡単なシミュレーション。
島に施設や観光名所などを設置して、観光客から金を搾り取るゲーム。
ちょっとやってみた感じ、展開がすごくトロい。
Lv3くらいから放置基本になる。
こういうシミュレーションは、データの細やかさが命だと思うのだが、
すごくざっくりとした作りで、やり込み甲斐はあまりなさげ。
友人の島を訪れたりできるようだが、それがゲームになんのプラスになるかは謎。
ちなみに今、島以外の画面に移動したりすると、
せっかく観光客から搾り取ったお金がリセットされてしまうバグがあるらしい。
観光客から搾り取ったお金は施設をクリックすることで回収できるが、
施設の規定値までお金が貯まらないと回収できない。
しかも序盤はそれに結構時間がかかる上、下手に施設をランクアップすると
規定値までアップしてしまうので、余計時間がかかる。
あと何故下に表示されているアバターの顔が潰れてるの。
ベースは悪くないので、そのへん改善されたらもっとよくなると思う。

3.カイブツライフ
フラッシュでできる簡単なシミュレーション。
開始すると1匹怪物の赤ちゃんをもらえて、
クエストや他プレイヤーと戦わせたり、アイテムや装備を購入したりしながら
怪物を育てていくという育成シミュレーションなのだが、
解説とかヘルプとかチュートリアルとか一切ないのに、
コマンドが多すぎて何がなんだかわからない。
絵柄も独特で、人を選びそう。
男性向けと書いてあるが、男性向けなら少女育成とかのがいいと思うのだが…。

4.レインボーアーチ
これはかんたんゲームでなく、他の会社が運営する本格MMOなのだけど、
オープンベータが同じ時期に開始したので書いてみた。
先行テストをやったので、なんかアイテムがもらえるということで
やってみたのだけど、やっぱりMMOは拒絶反応が…
多分続かない。
スポンサーサイト

テーマ:ハンゲーム
ジャンル:オンラインゲーム

レインボーアーチ 童話王国2をやってみた

ハンゲで先行体験テストを募集していたので、軽い気持ちで応募してみた。アパレルパレットもなんかもうそろそろどうでもよくなってきてたし、たまにはMMOでもやってみるか?ってw
レインボーアーチを選んだのは、スキルが豊富とか生産が充実とか書いてあったから、ひょっとして生産1本でやってけるかも?と思い、応募したのだが、その直後に童話王国2であることに気づいた。前作はやったことないんだよね。でもその方が特徴がわかりやすいかもしれない。
で、インスコしてテスト2日目に起動。でもなんか初日の2日前からプレミアとかいうのが始まってて、すでにやってる人もいたみたい。どうせワイプされるからいいけど。

?キャラ作成
人間・エルフ・ドワーフのそれぞれ男女、計6種類のキャラを選べる。髪型・肌の色・顔立ちが初期で6種類くらいあって、それを組み合わせて作るというオーソドックスな方法。ゲーム開始後に課金でもっといろんなパターンから選べるようになる。種族による性能差は一切ないようだ。また、どんなスキルを強化していくかでキャラの傾向が決まるので、職業という概念はない。ただしスキルの選び方によって、高レベルになってから職業っぽい称号がもらえるようだ。
RA001.jpg

?移動方法
操作方法は大体他の3Dゲームと同じ。ただWASDとかキーボードでの移動はできない。フィールドをクリックするか、大地図を開いて行きたいところをクリックするか、クエに出てくる座標クリックで自動移動するか。ただ、クエの場合座標の前のNPC名をクリックすると、RMを使ってワープできるようになっていて、これに慣れちゃうと自動でもトコトコ移動するのが面倒になるかも。1回1?2円だし。ちなみにテスト中は1000円分の課金マネーが配布された。騎乗というメニューがあったが、テスト中は騎乗した人を見かけることはなかった。画像は、初心者エリアから外に出る時、ダンボピンクで耳がでかい飛べる像に乗せてもらっているところ。
RA002.jpg

?グラフィック
さすがタイトルに童話という言葉がついているだけあって、キャラも建物などの風景もメルヘンチックである。このへん好みが分かれそう。精巧でない分、マシンへの負担もあまりなく、長時間起動していても裏でいろいろできたりする。正直自分の環境では、アパレルパレットより軽いw そしてグラフィックの負荷軽減のため、プレイヤーキャラクターを静止画のウサギとして表示することができる。このシュールな世界は一度体験してみて損はない。
RA003.jpg

?戦闘
まず、スキルは大まかに物理系、魔法系、補助系の3系統に分かれている。物理は戦士、補助は僧侶に当たる。序盤はHP回復に困るようなことがないので戦士系が一番楽だと思う。まぁ戦士でしかやってないけど。戦闘は、開始はエンカウント制で、タクティクス要素のあるマス目に配置され、ターン制のコマンド式。MMOなのでもちろんタイムリミットがある。ただ前衛とか後衛とかあまり関係なくて、普通の物理攻撃でも後ろのやつに届く。それでも横1列の魔法とかあるから、PT戦の時は配置は重要だが、ソロの時はほとんど関係ない。

?ペット
チュートリアルの中で、早くも幻獣と呼ばれるペットを入手できる。最初は3種類のうち1種類しかもらえないが、野良のモンスをアイテムで捕獲して使うことができる。ただし少しレベルが高いと捕獲アイテムに課金が必要になり、もっとレベルが高くなるとスキルが必要になってくる。ペットは6匹まで飼えるが、戦闘に参加できるのは1匹だけ。他の5匹は武器や防具、魔法などの強化を担当させることができる。エサを一定数与えることで、レベルアップする時に強化が可能だが、序盤はそんな余裕はない。
RA004.jpg

?生産
一番の問題点。Lv30までの生産は、何とか無課金でもできるが、それ以降は課金アイテムが必要。生産用のツールは3種類、1種類はLv30↓、もう1種類はLv30↑の課金アイテム、もう1種類はインしてなくてもできるという、これも課金アイテム。使い勝手はものすごくよくて、1度セットしたらツールの耐久がなくなるまで自動でやってくれるし、ツールを複数持っている場合は、それを全部使い切るまでやってくれる。生産で作った装備は店売りはもちろん、ドロップするものよりも最低でも倍以上の性能があるため、生産のやりがいがある。というか、恐らくLv15あたりから、生産品を装備しないと戦闘がつらくなってくる。生産の需要は高いが、その分課金必須であることが悔やまれる。正直、課金でなければかなりハマりそうな仕様。ちなみに装備は一度装備したら取引できなくなる仕様。

?クエストとチーム
クエストはほとんどモンスを何匹倒せとか、モンスからアイテムをいくつ取ってこいとか、そういうオーソドックスなもの。ただたまにチーム戦が要求されるものがあり、その中には強烈なボスがいたりするので、下手にソロで挑戦しないほうがいい。チームを組んでいるとたくさんモンスが出てくるので、モンスを倒すクエだとチームを組んだほうが楽。ソロ好きには少し厳しい仕様である。

?その他
ミニゲームやデートスポットのようなものがたくさんある。レインボーという都市が恐らくこのゲームで一番大きな都市、というか、他に都市めいたものが今のところないのだが、そこに遊覧電車やボート、馬車などがあり、少しのお金で乗って景色を楽しむことができる。地下鉄の駅もあるのだが、まだ開通していないようだ。ただ観覧車だけはオススメできない。ほかにもジャンケンで勝つと称号がもらえたりするゲームもある。称号といえば、数々の称号が用意されている。特に対立しているというわけではないが、陣営がいくつかあって、その陣営のキャラから頼まれるクエストをこなすと、貢献度が上がっていく。一定の貢献度がたまると、その陣営のお店が利用できたり、クエストでもらえる報酬が増えたりするらしい。同時に複数の陣営の貢献度を上げることが可能。
RA005.jpg RA006.jpg RA007.jpg



まとめ
前作は知らないけれど、2は今までのネトゲをよくリサーチしていて、いいところを取り入れているようで、プレイしていてさほど不快感はなかった。ただその代わり目新しい点もない。課金しないとできない生産は目新しいかもしれないが、はっきりいってこのゲームのネックになると思う。私は生産に課金必須のゲームは続けたくない。何故こんなほかのいいところをぶち壊すような仕様を考えたのか謎。序盤レベルは上がりやすいのでそれを楽しんで、Lv30になったらクリア、がいいと思う。もちろんお金がある人はそのまま続けてもかまいませんけど。ただ、Lv22にしてもうモンス倒すだけのクエストに飽きてきて居眠りとかするような状態だったので、30まで持たない可能性もある。友達とわいわいがやがややりながらだと、多少は先まで進めるかもしれないが、友達に課金あまりしない人が多いと、やはり30で引退ということになるだろう。まるで、ファンシーでポップな絵柄の絵画に一点、ブラックホールが開いているようなゲームだ。

テーマ:レインボーアーチ 童話王国
ジャンル:オンラインゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。