アバウト
Kalmaのネトゲ放浪記。2013年9月よりドラクエXをプレイ中。
最近の記事
最近のコメント
リンク
special thanks
月別アーカイブ
カテゴリ
著作権表示
【ドラゴンクエストX】
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
【Wizardry Online】
(c)Gamepot Inc. "Wizardry(R)" is a registerd trademark of IPM Inc.All Rights Reserved. Licensed by IPM Inc.to Gamepot Inc. Wizardry Renaissance(TM)(c)2009 IPM Inc.All Rights Reserved.
【モンスターヴェルト】
Five Stars Online Entertainment are all registered service marks or service marks of Five Stars Online Entertainment Ltd. (c) 2008 Five Stars Online Entertainment. All rights reserved.
【パーフェクトワールド・レジェンドオブチュセン】
(c) 北京完美時空網絡技術有限公司 ALL RIGHTS RESERVED. Copyright (c) 2006-2007 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.
【アトランティカ】
Copyright (c) 2008 NEXON Corporation and NEXON Japan Co., Ltd. All Rights Reserved. Copyright (c) 2008 NDOORS Corporation. All Rights Reserved.
【ブレイドクロニクル】
(C)Spike / DWANGO / GAMES ARENA
【クロシーノ】
Copyright(c) 2009 GCREST,Inc. All Rights Reserved. Copyright(c) 2009 BnB Global,Inc. All Rights Reserved. Copyright(c) 2009 Nglim Soft,Inc. All Rights Reserved.
RSSフィード

おいらはテイマー

ちょっと間があくとすぐネタがたまります。

●白馬発見

白馬

なんと白馬に乗っている人を発見。
知らない人なんで詳しい話は聞いてないけど、やはり入手方法は龍クエなのか…?



●空中浮遊

とびますとびます

空を飛べるのがウリのこのゲームだけど、
妖精が何も乗らないで空中に浮くのはどうだろう。
別にジャンプしてる途中というわけでもなく、
もちろんピアノ線や硬質ガラスもあるわけでなし。
すごい高いところから地上にいきなり降りたら
こうなっちゃうことがたまにあるんですね。



●鉄血令初制覇

裂天1

Lv44になってようやく19Dクリアしますた(;´Д`)
みっちゃんと大さんの3人で逝ったんだけど、
私以外の2人はまさに死にまくーり。
私も余裕ナッシングで、最後に記念写真撮るのが精一杯ですた。
でも雑魚も全部倒して、最後はボスも倒して全員でクリアしました。
誰か死んでいるような気がするのはきっと気のせい。

裂天2
「白虎を討ち取ったぞーえいえいおー!」

え?



●これがテイマーの生きる道

前の方のエントリでも書いたけど、このゲームはなかなか金が稼げません。
クエやるとわりとドカンと入るのですが、一度達成するとできなくなるし、
入った端からスキル購入に使うので、このところ、序盤に素材をPCに売って
貯めた金を切り崩す生活を送っていました。
昨日の時点でついに、一時期30万以上あった貯金が20万を切ってしまい…。
こんなんではいつまでたっても憧れの馬が買えません(;><)
もうRMしかないのかと(このゲームはRMは合法、ってかメーカーがやってますから)
暗澹たる思いに打ち沈んでいたわけですが、
今日みっちゃんのダブルセンチのタマゴをゲットするというクエにつきあっていて、
ふと思い至りました。

妖精にはテイムがあるじゃないか!

ずーっと前、どこかの掲示板か何かで、妖精はテイムしたタマゴを売れば金になる
という話を読んで知ってはいたのですが、しばらくクエスト漬けだったので、
すっかり忘れていたのを思い出したのです。
しかし何をテイムすればいいのやらさっぱりわからないので、
とりあえず祖龍の周辺でテイムできるモンスを手当たり次第テイムしてみました。
どうやらレベル×50ほどの値段になるようです。
となると当然たくさんいてレベルが高くて自分がテイムしやすいモンスが
いいということになります。
とりあえず、漁村の北にいるスルクラブというカニタイプのモンスを
テイムしてみることにしました。
1個2kで売れます。これを1、2時間ほど続けてみたところ、
18万だった貯金が40万にアップ!
少し目から鱗が落ちた気分でした。
ただ漁村北はテイムできるのがこのカニだけなので、
もうちょいレベルを上げて失墜の砦北くらいでやるといいかもしれません。
あそこはテイムできるモンスが豊富なので。
よし、これでしばらく馬を目指してがんがってみよう(*´∀`*)



●オマケ

愛人顔

スポンサーサイト

テーマ:Perfect World -完美世界-
ジャンル:オンラインゲーム

抱っこ

PWをやったことがない人で、ゲーム内で抱っこやキスができることが、
キモいと思う人もいるようです。
確かに3Dキャラでそんなことして何が楽しいんだっていう考え方もありますね。
でも実際には日本人はいまだに奥ゆかしいところがあるので、
街角でカップルがキスしてれば、公衆の面前で…と顔をしかめる人が多いように、
PWの中でもそんなに抱っこやキスをしてる人は見かけません。
多分、夜の渋谷とかの方が多いんじゃないでしょうかね。そういう光景。
いや、最近東京方面にはほとんど行ってないのでよく知りませんけどね。

どちらかというと抱っこは実用的に使われています。
例えばPTでダンジョンに移動したりする場合、
UOのゲートのような便利な魔法はありませんから、
現地まで走って行くことになります。
その時PTが男女混合キャラなら、男性キャラが女性キャラを抱えて行った方が、
足並みが揃うし女性側は楽だし、一応追従機能はあるのですが、
どうしても遅れがちになってしまうので、それよりずっと便利です。
私も男性キャラと一緒に移動するときは、よく抱えてもらってます。

また、妖獣が虎に変身してるときは、抱っこでなくて女性は上に乗ります。
で、キスのコマンドをすると虎の首を撫でます。
そうすると虎は気持ちよさそうに反り返るのです。
これだけでも微笑ましいのに、逆に妖精がキツネに変身して男性が人間型のままだと、
男性がキツネをまるでムツゴロウさんのように抱えます。
キツネを抱えてる男性を見ると、つい頭に「よーしよしよしよし」という声が過ぎります…。
虎とキツネだとブレーメンの音楽隊よろしくキツネが虎の上に普通に乗ります。
抱っこにもいろんなパターンがあるのですが、やはり人間の女性と虎の組み合わせが
美女と野獣っぽくて好きですね。
ただ虎に乗っけてもらって行ってると、たまに突然後ろを振り向くので、
赤い目でいきなり睨み付けられてちょっとびびります。

この抱っこ、あくまで普通のカップルを対象としているので、
同性同士ではできないのが残念ですな。
まぁできたらできたで男性カップルがたくさん誕生しそうで怖いですが。

美女と野獣


あの人

全然関係ないけど、例のあの人。
今にも「痛みに耐えて…」とか「郵政民営化」とか言い出しそうですね…

テーマ:Perfect World -完美世界-
ジャンル:オンラインゲーム

またイベ遭遇

今日もまたがすとんとみっちゃんと遊んだ。
がすとんは昼にもやってたらしく、ちょっとだけ成長していた。
6キャラもいるから追いつかせるの面倒なのよの(;´Д`)
戦士はおもしろくないし。
妖獣を選んだ友人たちがあまりやらないの、わかるような気がする。
ただ張り付いてたまにスキル出すだけだしねぇ。
でも戦士は対人でもボス戦でも大活躍の職業だから、
誰かがやらないといけないのねぇ。
戦士が好きですっていう人もいるかもしれないけど、
私は駆け引きが必要なメイジ系の方が好きですね。

さてキャラチェンジしてKalmaに。
Lv42なんですが、このくらいのレベルになると、
もうクエだけやってたんじゃレベルアップしません。
毎日石納入のクエやるか、竜クエでもしないとやってけませんね。
石クエはやってるけど、まだLv2の石だからいいけど、
レベル上がったら石買う出費も馬鹿にならなさそうで怖い。
竜クエは行き来が面倒だしアイテムがたくさん必要なので、
できる時にしかやってないですね。

ともかく、経験とかはもらえないけど、何とかして稼がないといけないので、
リーグ戦の戦闘クエをやるために遊牧の村に赴きました。
金欠なので祖龍から飛んでいきます。
その途中、例の赤い文字で遊牧の村に怨霊の大群が…というメッセージが。
お、こりゃ久々にイベントに遭遇できるかなとわくわくしながら行ってみました。
水郷村で遭遇した時よりは結構強くなってるし、今回は戦えるかもという淡い期待を抱いて。

現場に到着すると、見慣れぬでかいモンスターが続々わいていて、
プレイヤーたちが群がっています。

怨霊タイガーの法師

右の方にモンスの名前が見えますが、どんなのかはやや左上の方に青いのが見えますよね。
あんな感じで、いろんな色のが出てましたが名前全部怨霊タイガーの法師でした。
虎の法師とか虎法師とかタイガーモンクとかタイガービショップとかでなくて、
「タイガーの法師」という訳し方がいかにも中国っぽいですな。
で、名前がオレンジなんでレベルを見ると50だったので、
今回はこちらから遠慮させていただきました(  ̄? ̄)
リーグ戦のクエやってたら、そのうち水が引くようにもとの静かな遊牧の村に戻りました。
イベントの最後ってどんなんだろ。
ボスでも出るんでしょうかね?

テーマ:Perfect World -完美世界-
ジャンル:オンラインゲーム

重い腰を上げて

今日は久々にがすとんとPWをやりました。
みっちゃんも一緒でした。
がすとんとPWをやりたがっていたアニキは寝ていたのか、
チャットで呼びかけたのですが無反応。
後から起き出してきて怒ってたけど寝てたんだから仕方ない( ´ー`)フゥー...

しかしがすとんも素直に始めたわけではなく、
直前までハンゲでパンパヤの対戦やってまして、
「週末にやるって言ってたのに今やらないでいつやるんだ」と
挑発してやっと重い(ほんとに重い)腰を上げたようです。

とはいえ私たちのメインキャラはすでにレベルが遥か遠く離れているので、
それと一緒にやっても面白くないので、がすとん用にわざわざ人間で
こしらえたキャラを使いました。2人とも戦士。

で、がすとんは先に言ったように本当に腰が重いので、
座れるゲームでは暇なときはいつも座ってます。
町に入ると必ず瞑想してるので、これが本人はしばらくすると
効果音が切れるのですが、他の人にはいつまでも聞こえるのです。
うるさいので、他にアクションでも座れることを教えました。
すると、人間の戦士は片膝を立てた結構かっこつけてる座り方なのですが、
魔道師は………

なんか暗いよ

「今ちょっと話しかけないでもらえるかな…」

暗いっ暗いよっ(;´Д`)


【オマケ】本日の美人さん
美人01

もうひとりすごい人いたんですが、シャッターチャンスを逃しちゃいました(;´∀`)

テーマ:Perfect World -完美世界-
ジャンル:オンラインゲーム

これまでの事件

さて、今まで3週間ほどプレイしてきた中で、特筆すべきことを羅列してみよう。

●最初に抱っこ(ペア)されたのはアニキだった…

生まれてすぐに、みっちゃんのキャラが抱っこさせてくれと
妖族の開始地点まで来たのだが、
なんと最初に私が抱っこされたのはみっちゃんではなくアニキだった。
みっちゃんの隣にいたアニキが、話の流れからすかさずペアを申し込んだのだ。
さすがに唇を奪われる前に解除したけど、アニキは
「もう抱いた」とかクールを気取ったりしたことも。
ばーかばーかヽ(`Д´)ノ



●水郷村でイベントに遭遇

クエを進めて水郷村付近にいた頃、
赤い文字で水郷村付近に怨霊の大群が…というメッセージが流れた。
水郷村ってこのへんだよなぁとか思いながらクエに向かおうとすると、
見たこともないようなモンスが次から次へとわき、
それにプレイヤーが群がっていた。
これがさっきのアナウンスのイベントかと、私もペットを出して応戦しようとしたが、
他のプレイヤーは明らかにハイレベルで、見たことのないような魔法とか使うし、
モンスを瞬殺してしまうので、まだLv20にも達していなかった私は、
結局何もできず唖然とするばかり。
仕方ないので落ちているコインや回復薬などを拾いまくった。
モンスのレベルが大体20くらいだったので、ちょうど水郷村にいるような
プレイヤーが対象のイベントだったのではないかと思うのだが、
ハイレベルのイベント追っかけ屋さんは手を緩めたりしませんね(;´Д`)



●満を持してUDO登場

皆で妖族で始めることにしたが、妖族の男性キャラは戦士タイプで固定。
魔法使いが好きながすとんは、これが不満だった。
しかし当初魔法使いは女性キャラしかできないと誤解していたので、
ゲーム内のキャラとはいえ自分と違う性別にするのは何としてもイヤながすとんは、
なかなかプレイが進まないでいた。
しかしどこからか男性でも魔道師ができることを突き止め、
新たなキャラを作成したという。
私は早速剣仙城までどんなキャラを作ったのか見に行ってみた。
「イケメンですよ」というので少しは期待していたのだが…

UDO
(ノ∀`)



●壁になる妖精

セカンドの精霊で、ぷっちんの妖精キャラを水中のボスのボアトータス戦に誘った。
聞くと彼女もまだこのクエを終えていないのでちょうどよかったが、
彼女は水中のペットを持っていなかった。
Kalmaでやった時はやはりペットがいなかったんだけど、
その場にいた人たちで即席のパーティーを組んでやったので楽勝だったのだが…
とりあえず2人でやってみることにする。
ぷっちんにキツネになることを勧めたのだが、直前にボアトータスをやっつけたPTが
いとも簡単に沈めたので、魔法の方がいいと元に戻った。
しかし2人で始めてみると、初撃はぷっちんだし、私はぷっちんにヒールしながら
攻撃するので、ヘイトは一方的にぷっちんに向くばかり。
結局最後までぷっちんが壁をやって何とか倒せた。
私がヒールしてたからってのもあるんだけどね(;´Д`)
しかし、ぷっちんは精霊でも法器で殴るし、戦士の方が向いてるんじゃないかちら…



●人形丸のアベック(むちゃくちゃ死語)

つい今日のことなのだが、エルフの倉庫にしようと思ってるキャラで、
やはりエルフのぷっちんとみっちゃんのセカンドと一緒に遊んだのだが、
途中でみっちゃんに仕事の電話がかかってきて、私たちは暇になった。
そこでぷっちんが開いたラッキーカードで入手した変幻人形丸を、
2人で使ってみようということになった。
知らない人のために説明しておくと、
変幻人形丸はただ人形のお面をかぶるだけのお遊びアイテム。
他にもカボチャ丸や悟空丸なんてのがある。
現場は説明するより画像を見ていただいた方が早い。
人形丸1

2人「こんにちはー!」「花子でーす」「太郎です」

人形丸3

2人「後ろはこんなんなってます」

人形丸2

太郎「僕たちとっても仲がいいんです。ほーら抱っこしちゃうぞお」

人形丸4

花子「イヤンダーリンこんなとこではずがぢい…」

オチはありません(;^ω^)
この後抱っこしたまま飛行したんですが、角度が難しくてSS撮ってないですね。
やってる2人はモニターの前で笑い転げてましたよ。
私なんか笑いすぎて一瞬ブラックアウトしかけたくらいですから。
みっちゃん実際に見れなくて残念だたのう。




さて、次からはその時々にあったことを日記にして書く普通のプレイブログになりますのでよろしこ(=゚ω゚)ノ

テーマ:Perfect World -完美世界-
ジャンル:オンラインゲーム

碧血

その、手に汗握る戦いは、いまだに樹下の都の人々の記憶に新しく残っている。
その昔六翼龍という恐ろしい怪物がいた、
そいつは我々エルフを襲うため、ある時樹下の都に突然侵入して来たのだ。
すべての都市が死の恐怖に陥った時、鹿羚という勇士が勇敢に立ち向かい、
半日の血戦を経て、最終的に六翼龍を倒したのだ。
しかしさしもの鹿羚も力尽きて死んでしまった。

彼女が命がけで六翼龍と戦っている時、彼女の流した血が宙に舞った。
彼女が死んだ時、その血は地面にこぼれ落ち、艶やかな碧血花を咲かせた。
まるで別れを惜しむ魂のように、月羽の湖畔に広がり離れようとしない。


碧血花


PWには印象的なクエストが多い。
ほとんどがどこどこで何々を討伐してこいという、味も素っ気もない内容なのだが、
たまに悲しいストーリーや心に残る話などがある。
進行上戦闘になることもあるが、このブログのタイトルにも使わせていただいた
「碧血の花」は、エルフ初期クエで、戦闘一切なしのクエストだった。
碧血というのは中国では忠義に厚い者の殉死という意味合いがあるらしい。
わりと使われているのだろうか。
碧血についてはもうひとつ、「碧血の杯」というクエストもあり、
こちらは妖族の初期クエで、昔永遠の愛を誓い合ったことから
不死となって1人取り残されてしまった女性が死を望むというストーリーだった。
あれも結構印象深いクエストのひとつだ。

他には、目が見えない妹のため、命をかけて薬草を探し出した兄の話とか、
エルフと妖族の間に生まれ、羽を持つ虎に変身できた青年の悲劇とか、
自ら河に飛び込んでいなくなった男の恋人のためにその原因を突き止めたりとか、
そういうシリアスなクエストがあるかと思えば、
エルフの国の衛兵に一目ぼれした男がプレゼントを贈るがつれなくふられる話とか、
妻を放って家を出た男の代わりに妻の様子を見に行ってみると男ができていたとか、
饅頭作りの極意を探したり、巨大な四天王像に登った時なくした荷物を探したり、
つい先が知りたくなるバラエティに富んだストーリーが結構あるのだ。
ペットの猫を探してくれというクエストもあり、それは目標人物?が猫で、
話しかけると「ニャーニャー」言ったりしてほほえましかった。
逆にマゼンダの連続クエは確かにドラマチックではあったが、
あっちでこれとこれをとってこいとか、そっちで強いボス倒してこいとか、
あまりに引っ張りすぎてさすがに最後はグデグデしてきたし、
最後にもらったアイテムがレベルに見合わない粗品だったのも萎えた。
お国柄か、わりとウェットな話が多いが、今までアメリカや国産の
ドライなストーリーに慣らされてきた私にとって、わりと新鮮なのだ。

もしPWをやることがあれば、漢字が多く翻訳が下手な点はあるが、
クエスト文をよく読んでみてほしい。
ストーリーの面白さだけでなく、文化の違いを感じることができるかもしれない。

テーマ:Perfect World -完美世界-
ジャンル:オンラインゲーム

PWの評価

パーフェクトワールドは、ほとんどのMMORPGがそうであるように、戦闘が中心である。
正直私は戦闘が中心のMMOには辟易していた。
以前やっていた大航海時代は戦闘のほかにも商売や冒険ができたが、
結局は戦闘もある程度はこなさないと、幅広いプレイができなかった。
ただ舞台が500年ほど前の実際の世界ということが目新しかった。
しかし出てくるMMOのほとんどが戦闘が中心。
唯一期待しているのは牧場物語Onlineなのだが…。

ともかく戦闘中心ということであまり期待していなかった。
しかしプレイしてみると、妖精というキャラはUOでもよく使っていたテイマーにそっくりだし、
画像はきれいだし、空を飛べたり高くジャンプできたり、
理屈ではなかなか説明できない心地よさというものがあった。
またクエストをこなしているだけでサクサクレベルが上がるのも心地よかった。
そしてエルフだけでなく、エイみたいなものや光る剣に乗って空を飛んでいる人もいたり、
馬に乗っている人もいたり。
私がプレイを始めたのはオープンβが始まって2週間ほどした頃。
2週間でそこまでできるようになる人もいるということは、
私もそう遠くないうちに乗れるようになるのではないかという期待が持てた。
考えてみれば、大航海以外でレベル制のMMOでレベルを人が羨むほど高く上げたことはなかった。
大航海は1キャラにつきレベルが3つもあったので、カンストさせたのは2つまでだったし。
なので私はつい、このゲームでレベルを70とか80とか高く上げてみたくなったのだった。

そして私は毎日没頭した。
メインとセカンドのキャラを20代まで上げたあとは、メインに集中して
今やメインの妖精は40になった。
しかしここにきて、金がまったく貯まっていないことに気づいた。
レベルアップするごとに習えるスキルが増え、それを全部覚えているわけでもないのに
貯めたお金がどんどん減っていくのだ。
おかげで目標としていた馬が乗れるレベルになったのに、まだ馬の値段の1/10すら貯まっていない。
というか一時期30万以上あった貯金が今や20万円台に落ちている。
これはいったいどういうことか。
馬に乗るにはRMを出さないといけないということか。
それとももっと高レベルになるまで稼がないといけないのか。
またはゆくゆくのためにと思い溜め込んでいる生産の素材を売らないといけないんだろうか。

そう、このゲームでは生産はできるが、初心者には手が出せないくらいやりづらい。
まず素材が点在し、一度採集すると次にPOPするまである程度時間がかかるので、
意識して集めるのは不可能に近い。
UOのように自由なポイントに飛べる魔法がないので、
集めてまわるにはかなり時間がかかるからだ。
となると、狩りのついでに採集した人からちょこちょこ買い集めるしかない。
しかし初心者のうちはとてもじゃないけどそんな金はない。
また採集だけでなく、モンスからしかドロップしない素材もあるので、
それがちょっと強いモンスなんかだと初心者はまず自給できない。
始めたその日から鍛冶や裁縫の修行ができていたUOを、改めて偉大だと感じる。
まぁこんな仕様なのも、RMで素材を売っているからだと思う。
高レベルまで育てる時間がないけど生産がしたいって人は、金を出せということだ。
私は生産にはそれほどこだわりはないし、これだけのゲームをやらせてもらってるんだから、
カンパのつもりで少々お金を払ってもいいと思っているので、
そういう姿勢を酷く批難するつもりはないが、馬だけは残念でならない…。

エル・グレコ

一番お気に入りの倉庫キャラ。

テーマ:Perfect World -完美世界-
ジャンル:オンラインゲーム

私と中国

最近、中国と日本は微妙な関係にある。
経済的には、日本にとって中国は最大の貿易相手国であり、切っても切り離せないが、
政治的には、中国の反日教育や、日本の首相による靖国参拝のため、
このところ日中関係は悪化するばかり。
それが昨年中国各地で起きた反日デモや暴動につながった。
首相が代替わりしてからは中国首脳は関係修復の方向に動いているような感じだが、
もちろんこれは経済的関係やオリンピック開催を控えての
国際批判を避ける意味もあるのだろうし、
安倍首相が就任してからまだ終戦記念日を迎えていないので、
これからどういう方向に向かうのかはまだわからないが…。

さて、日本人の中国に対するイメージとはどのようなものだろうか。
検索してみると、最近若年層が右派に傾く傾向があるのを反映してか、
過激な発言や第二次世界大戦における日本の立場を正当化するような発言が目立つが、
右翼も左翼も知らない子供たちにとっては、どうなのか。
まず中国と聞いて最初に思い起こすのが、西遊記ではなかろうか。
ドラゴンボールの大ヒットや、西遊記の新旧テレビドラマ化などで、
西遊記は日本では最も親しまれている中国の文芸である。
もちろんそれだけではない。
中国というイメージはもうないかもしれないが、
稲作にしろ漢字にしろ中国の文化は日本の奥深くまで染み込んでいて、
まさに切っても切り離せないものとなっている。
子供の頃は、中国にはさほど悪いイメージはないはずだ。
少し成長すると、漢文を習ったり、シルクロードに夢を馳せたりと、
ますます身近に感じれらる存在となるはずだ。

それがどうして成長すると右派に傾く輩が増えるのか。
中国にしても政策として若い世代に反日意識を植え込むというのも、
いくらなんでも非常識だ。
まぁ、他人のことを言ってもどうしようもない。
問題は私がどう考えるかだ。
私は昨年の反日デモの報道を見てからというもの、
どうにも中国に対する不信感が払拭できなくなってしまっている。
しかしその不信感こそ、仲良くしたいという気持ちから出ているのではないかと思う。
根底にあるその気持ちを忘れないでいきたいと、
中華のムード満点のパーフェクトワールドをプレイしながら、いつも思うのである。

余談だが、つい先日アメリカの大学で銃乱射して学生をたくさん殺した後、
自殺した韓国人がいた。
第二次大戦以降関係がこじれているという点では、中国も韓国も同じだが、
私がこの報道を耳にして最初に思ったことは、
同じアジア人として非常に残念ということだった。
アメリカ人、とくに若い世代から見れば、中国も日本も韓国もあまり変わらない。
そういう視点から見れば、私たちアジア人は一蓮托生なのだ。
祖龍の城

テーマ:中国問題
ジャンル:政治・経済

miumiuの誕生

Kalmaが生まれてほんの数日後、私は飛びたいという欲求を抑えきれなくなった。
パーフェクトワールドの大きなウリである飛行。
エルフは翼を持っているので最初から飛べるが、
人間と妖族はLv30まで待たなければならないのである。
当時まだレベルは10前後。
30までの道のりはかなり遠く感じられた。
そこでmiumiuの誕生である。

実はつい最近まで、妖族のように人間もエルフも性別によって
職業が決まっていると信じ込んでいたので、
エルフの女ということで当然精霊を選んだ。
当時はまだ精霊が回復役ということを知らず、魔法使いくらいに思っていた。
序盤は魔法さえ使っていれば楽に敵を倒すことができたが、
レベルが上がるにつれ、ソロは厳しくなる。
回復魔法の種類は豊富にあるのだが、詠唱時間はあるし、
攻撃を受けるとキャンセルされるし、
スキルにはすべて決まった冷却時間というものがあり、
それが終わらないと続けて使えないしで、
KalmaがLv39になるまでよりmiumiuがLv22になるまでの方が
ずっと死んだ回数が多いだろう。
どうもソロでやる職業じゃなさそうだ。

皆がなかなかレベルが追いつかないので22で放置しているが、
そろそろ20を超えた人もぼちぼちいるので、
くっついてクエストを消化しようかと思っている。

ちなみに顔は初期のまま。
でもなかなかよくできた方だと思う。
ただ少し顔がでかいので、そのうちクエで入手できるエステ券で少しだけ直そうかと。
そう、エステ券はクエストで1回無料で入手できるのだ。
受け渡し不可なので自分でクエストをやらないといけなくって、
それも確かLv30前後のクエだったと思うので、
miumiuが入手できるのは当分先のことになりそうである…。

miumiu01

miumiu02

サービス?ショット

テーマ:Perfect World -完美世界-
ジャンル:オンラインゲーム

Kalmaの誕生

さて。メインキャラのKalmaは妖精として誕生した。
当時は何も知らなかったので、妖精が金稼ぎやソロで有利なことなんかまったく知らなかった。
ペットが持てることもろくろく知らなかったのである。
ではなぜ妖精で始めたかというと、種族によりスタート地点が違うので、
仲間うちで全員同じ種族にしようということに決まったからだった。
なぜ妖族になったかというと、パンダがやりたくてしょうがないという人がいたからだ。
空を飛べるということでエルフも候補に挙がっていたのだが、それをパンダが抑えたわけだ。

とまあそんなしょーもない理由で妖精になった。
そして何も知らないから、妖精はどちらかというと魔法使い系の職業であるのに、
レベル7くらいになるまでは皆でやってたもんだから初期クエでもらったよわっちい武器で
ずっとモンスを殴っていた。
それでレベル7までいったんだから、我ながら無謀というか大胆というか。
レベル7くらいになってようやく魔法が使えることに気づいた(ノ∀`*)
というかレベル5でリアトロウルフの卵がもらえたのに、
孵化させて一度死んでずっとそのままだったのである…。
後でペットの有用性に気づいて慌ててペットのレベリングにいそしんだものだ。

とまぁかなりへっぽこな妖精だったけど、魔法とペットが使えることに気づいてからは、
これはUOで言うところのテイマーメイジであると理解し、
ビーストモードも覚えたけどほとんど使わずテイマーメイジ道を突っ走った。

妖精は言われる通り楽である。
何しろペットが使える唯一の種族だから、ペットを盾にして戦える。
ただしろくなバフもないし、霊力優先で育てるとどうしても装備が紙になるので、
本体の攻撃には弱い。
だから衣服はどうしても法衣系になるので、アクセで物理防御を補っているが、
紙に紙を貼ってもそう強くはならないもので。
2匹のモンスに同時に襲われた時なんかは、かなりピンチになる。
護符が手放せない。・゚・(ノ∀`)・゚・。

でもまぁペットのおかげでレベルもかなり上がってきた。
現時点で38。仲間うちではトップである。
早く馬に乗りたいのでがんばってあげているところ。
やっぱ騎乗は猫や熊より馬がいいよ馬が。
高いけどね…馬。今貯金が30万くらい。
どうやって買おう(;´∀`)

kalma01

ちなみに設定は最高。

kalma02

サービス?ショット。

テーマ:Perfect World -完美世界-
ジャンル:オンラインゲーム

プロローグ

パーフェクトワールドの存在は実は去年頃から知っていた。
ちょっと見て、きれいな画像に目を奪われたが、外国産とわかり途端に興味が冷めた。
実は韓国産と勘違いしていて、韓国産のMMOはどうにも肌に合わないからだった。

そして存在を忘れて数ヶ月。

2年間続けてきたDOLにぱったり飽きた。
急激に飽きた。
それまで海事レベル上げ終わったら冒険三昧だと張り切っていたのがまるで嘘のよう。
海事レベルを上げ終え、逆に疲れきったのか、インしなくなった。
それからハンゲームのチョコットランドになんか手をだしていたが、
あまりの単純さと合成素材の出なさに1カ月くらいで飽きる。

そこにパーフェクトワールドだった。

キーイラスト



きっかけはDOLで知り合った友人の勧めというありがちなパターン。
当時はまだオープンβ中で、正式サービスまであと1週間というところだった。
ハンゲームでアジア産のゲームにかなり許容ができた私は、
だまされたと思ってやってみることにした。

しかしすぐ後悔する。
というのも、DLにあまりに時間がかかったからだった。
あと何分で終了というタイマーの時間が、増えていく不思議。
それでもなんとかDLし終え、キャラメイクにかかる。

すっげ細かい。

誰が呼んだかキャラメイクオンライン。
顔の形やパーツの1つ1つが更にいくつもの要素で形作られている。
美男美女から化け物まで好き勝手に作り放題。
しかし最初はまずプレイしたいという欲求の方が高かったので、
適当に作って早速インした。

それがKalma。

いつもなら半角にするところだが、半角のKalmaは既に使われていて作れなかった。
後で気づいたのだが、最初にしてはなかなかいい出来の顔だったけど、
鼻が高すぎてちょっぴりピノキオみたいだった。
今はもうエステで直していて、SSを撮る余裕もなかったので、
残念ながら当時の顔を見ることはできない。

さて、Kalmaがパーフェクトワールドに降り立ったわけだが、
その話はまた後日…。

テーマ:Perfect World -完美世界-
ジャンル:オンラインゲーム